簡単!訪問マッサージ料金の仕組み 

やっぱり一番気になる料金について。

質問も他のサイトを見ても理解出来ないと言う内容が一番多いです。

 

【 自己負担額について 】

自己負担とは、病院などに通って保険証を出すと思います。

その時に、3割とか1割とか耳にすると思います。

実際に払う金額をココでは指します。

 

【保険別・自己負担一覧表】

葛飾区の国民健康保険を例にとると

出生から6歳の誕生日以後の最初の3月31日(誕生日が4月1日である場合はその前日の3月31日)までの方:2割

6歳の誕生日以後の最初の4月1日(誕生日が4月1日である場合はその日)から70歳未満の方:3割

70歳以上75歳未満の方:平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方は1割、

平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方は2割。ただし、一定以上所得がある方は生年月日にかかわらず3割

となります。

 

この自己負担をAとします。

ただし、障害者手帳であったり、生活保護受給者の場合自己負担が0の場合もございます。

 

【 部位数について 】

部位数は、症状に対し必要性に応じて医師が判断します。

※部位について部位とは5体をさします。(1部位 270円 × 部位数) 最大5部位

①「右上肢(右腕)」

②「右下肢(右足)」

③「左上肢(左腕)」

④「左下肢(左足)」

⑤「体幹(体)」

 

※ 脳卒中の後遺症などで拘縮が強い場合など変形徒手矯正(555円)や

患部を温める温罨法(75円加算)などありますが、

それほど気になさらなくて良いかと思います。

 

この部位数をBとします。

 

 

【 往診距離について 】

距離 ~2km ~4km ~6km 6~16km
金額 1800円 2600円 3400円 4200円

治療院もしくは直前の訪問先を比べ地図上の直線距離で近い距離。

 

この距離をCとします。

 

以上の合計金額になります。

例えば、80歳の方が(1割)下半身が不自由で左右の脚をマッサージした。

(270円が2部位=540円)、直前の訪問先からの距離は2.5km(2,600円)

 

【 例)計算式 】

部位数   距離     自己負担割合   1回分の治療費

{    B      +  C }  ×     A%   =    合計金額

 

実際の金額を入れてみます。

{(270×2)+2,600円 } × 10%   =    314円

 

 

また、上記の方が週に2回受けた場合 314円 × 8回 = 2,512円

 

月額の参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。