Category Archives: 未分類

治療、機能訓練、事例など当てはまらないもの。

自己責任にて。

昔つかっていたiPhone。

自己責任にて、ホームボタンを修理してみる。

動画マニュアルに合わせて行う。

行う…

 

 

10分はある。

 

しかも、動画だけで工程が多すぎる…

あーーわー。

 

死亡です。

 

ちなみに他のiPhoneでバッテリーパック交換はできました。

 

 

 

 

墨田区向島百花園の年間パスを買ってみた。

墨田区向島百花園にて、水仙

墨田区向島百花園

訪問マッサージは、どうしても隙間の時間が出来てしまう事が多い。

寒い時期にはトイレなど都合の良い時もありますが

1時間とか空くとどうしても喫茶店などへ入ってしまう。

その喫茶店にてタブレットなどで作業をするのですが

たまには、空き時間を利用して心の余裕を満たせれば。

そんな思いから墨田区にある向島百花園の年間パスを買ってみた。

水仙以外にも寒桜や、何やら…

 

あんまり花には詳しくなかったりする。

おじいちゃん、おばあちゃん達と同じ時間のスピードで

生活してみるのも素敵だなって感じたりして。

写真は、ボケが少しウルサイけどとりあえず。

 

ちなみに、昨日は上野公園に。

少しだけ染井吉野も咲いていました。

 

先日、完成したレジュメと動画を先生にお渡しする。

 

レジュメは約70pあり、動画も脳卒中での手指が開閉するもの

歩行が出来るようになったもの、感覚器の向上やら

対麻痺により寝たきり状態から手を繋いでの歩行に至ったものなど多数送る。

「これ、無料絶対だめだからな」と。

 

動画を見せてもマネは出来ないようになっているのですが

それも配布禁止と言われてしまいました。

 

先生「これって、小泉以外に出来る人いるの?」

私「やり方を説明すれば誰でも出来ますけど、今は自分しか出来ないと思います。」

先生「…」

 

先生から、お前は馬鹿かという態度が痛いほど伝わってくる。

 

先生「このコンテンツばらせ」

 

指示通りばらしてみる。

 

・ 10分で文字が書けるようになるテクニック

・ 維持期からも症状が回復するテクニック

・ 一生自力歩行が困難と思われた方が歩けるようになった方法

・ 浮腫の改善テクニック

・ 思い通りに飲み物を飲めるようになる方法

・ 古典的手法拘縮を改善させる方法

・ 意欲を向上させる整様テクニックなどなど

 

確かに全部を言われる通り無料でプレゼントしたら怒られるわな。

すべて実践的なテクニックだし、スポーツ選手にも応用が効わけだから

 

まぁ、一度誰かを実験台にしてレクチャーが成立するか検証しなければならないけど

それまで練り直してみようかな?

 

私も鍼灸で尊敬している淺野先生同様無料で技術を提供するのを禁止されてしまいましたw

 

 

やっと完成

やっと先日撮影しました

グループホームでの治療の動画完成いたしました。

それで見ていたのですが

俺、足短いwww

 

まあ、事実は事実。

リハビリの勉強会

昨日は、もっとも最先端なリハビリの勉強会へ。

今、自分が必要って思うような内容は自分の幅を小さくする。

自分の枠を超えたところの勉強をすれば幅が増えてくる。

 

患者様やお客様の症状は、本当は様々。

 

でも、みんな腰痛や肩こりに対してのアプローチを学びたがるんだ。

 

自分の枠を超えたところの勉強は、今必要性を感じないかもしれないけど

 

いつか自分を頼りにしてきてくれた人のために。

 

ずっと、勉強していかないとね。

アクティブレスト

私は、訪問日数の多い患者様にはアクティブレストを用いることも多い。

アクティブレストとは、積極的休息法を意味する。

 

例えば野球を毎日やっていると、同じ部分ばかりに負担がかかるから

休み=身体を休める

ではなく、サッカーをしたり、水泳をしたりして違う動きをすることで

いつも使っている部位を休めながら、体力も増強していく。

 

運動も、毎回滑車など同じ部分を使わずに違う動きを入れてみる。

 

 

ボツ記事

実は、文章に数多くのボツ記事が存在する。

 

このサイトの目標はあくまでも本当に困っている人を助けたいから。

 

でもね、このサイトを見ている多くの人がプロのセラピストだと知っている。

 

そうするとね。方向がずれる。

 

助けたいのが身体の機能低下している人達へのメッセージから

セラピストへと変化する。

 

そこを一番に気をつけている。

 

だからボツ記事が多い(笑)

 

更に両立は難しい(苦笑)

 

歩けない家族を助けたい。

寝たきりの家族はなんとかならないか?

 

介護に接した家族は必死です。

 

だから、知り合いなら

まず先方に許可を得て見学をしてもらう。

 

本当は100回見て欲しい。

 

今、気がつけたものもレイヤーが変わればかなり違う位置の視点が持てるはず。

 

 

点法

足立区に在住の癌を患っている方へ私が訪問マッサージを行っているのですが

先日、とある先生が見学したいとのことなので患者様にも了解をとり実際の施術を見せました。

 

ただ、当日私はその前後びっしりと予約がある為に説明も出来ずに次のマッサージへ。

 

癌に限らず痛みが強い場合には、点法という手技を私は用いる事が多い。

点法とは指頭(指先の硬い部分)などで硬くなった部分を持続的に押し続けるもの。

イメージで言うと、蚊に刺された部位を爪バッテンして痒みを誤魔化すのに似ている。

 

色々と手技療法を見てきていますがほとんどの場合

押す持続時間が短い事が多い。

 

例えば、お腹が痛くて手のひらで押さえる時って長く押さえるでしょ?

 

あれは身体が知っているからそうする。

 

すべての手技には目的がある。

 

私の場合にはクロスファイバーフリクションという手技で硬結を探し

見つけたら点法に移るというのが今回のやり方。

 

どの位押すのかは痛みが消えるまで押せばいい。

 

押さえて痛みが移ったら、次の場所へ移動する。

 

わからない人が見れば、「うーーー。」って呻く患者を見て躊躇してしまう。

 

その手指が、何の効果を出す為にどう使うのか考えながら常に行えばいい。

 

 

 

 

wordpressのjetpackから。

Google+やTwitter、Facebookなどへ連携をはじめましたが

これってペナルティにならないかなとちょっと心配。

 

訪問マッサージを検討している方や、ご家族などがより為になるサイト目指して

再出発いたします。