脳卒中へのマッサージ

リハビリの本質的な目的は、脳卒中となった患者様が 「生活する環境に適応するために必要な能力を獲得することです。」   そこで運動機能の能力を得る為にリハビリをするのですが 同じくらい大切な要素があるんです。 そ

介護者にとっての拘縮、維持期という思考

ケアマネ、ヘルパーさんは、ご利用者様のリアルな生活を目にする。   例えば脳卒中などで急性期はPTの先生たちが、拘縮予防のために他動運動(動かして)してくれていた。 しかし、そのリハビリは診療報酬が高い180日

意思することが大切 その2

脳卒中において、脳卒中ガイドラインにて強く勧められるものの一部として 運動障害のリハ、上肢の強制使用などがある。 また推奨されるものとして維持期リハや経皮的電気刺激などがある。 行わない方が良い、行った方が良いにもマッサ

脳卒中における訪問マッサージの必要性

マッサージは、通常行われるリハビリよりは受動的である。 受動的というのは、言葉の通り受身的であるということ。   しかし、高齢者によっては歩行が困難で、また歩けたらという気持ちはあるものの意欲的でない場合も多い

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。