Category Archives: 足立区

訪問マッサージ中に、足立区で見つけたあれこれ。

理想的な姿勢とは?

姿勢を見るのには正面から見て左右差があるかどうか以外にも

猫背や首が前に出ているなど身体を横から見て判断する方法があります。

 

高齢者になると腰が曲がったり姿勢を気にする方も増えてくる。

訪問マッサージで伺うような患者様には、椎間板がつぶれている場合などもあり

下記のような理想的な姿勢を求めることは難しいですが

基準を知らなければ評価も難しい。

 

今回、参考図書として使用したケンダルも古典的でベーシックなリハビリのひとつ。

 

なんでもかんでも最新の手法がベストかと言えばそうでもなく

あくまでも基礎をもとに、医学的根拠や最新の手法を上乗せしなければならないと思っている。

 

そこで、今回はその目安とは?

 

側面図から見た鉛直線

(鉛直線とは、天井からおもりをぶら下げた糸を基準にした古典的な評価の方法。)

ケンダル p75より

体表図から見た基準

① 耳朶(みみたぶ)を通過する。(頭部は少し前傾している)

② 頸椎の椎体を通過している。

③ 肩関節を通過している。(胸郭の脇に上肢をつけた場合)

④ 体幹の中央を通過する。

⑤ 大腿骨大転子を通過する。

⑥ 膝関節の中央部の少し前方を通過している。

⑦ 外果の少し前方を通過している。

 

骨から見た基準

① 冠状縫合の頂点の少し後方

② 外耳道を通過している。

③ 軸椎の歯突起を通過している

④ 腰椎の椎体を通過している

⑤ 仙骨岬角を通過している

⑥ 股関節中心の少し後方

⑦ 膝関節軸の少し前方

⑧ 踵骨立方骨を通過している。

 

まずは、基礎をしっかりキープ。

ここから姿勢の保持だったり、歩行に少しづつ入っていくのです。

かなり道のりながそうですが…(苦笑)

訪問地域エリアマップ

訪問マッサージは健康保険にて負担が行われるため

保険を利用してマッサージを受診しようと思った場合16km範囲内に限られてしまいます。

その為に、当院のエリアは主に葛飾区を中心にその周囲の足立区、江戸川区、墨田区、江東区となっております。

 

※ 下記の図参照

 

訪問地域エリアマップ

 

また、実際には16kmだと下記のように範囲がかなり広範囲となってしまいます。

 

現実的ではないですよね。

 

グーグルマップより

主な訪問地域

 

 

 

すべての範囲を往診行うと上は吉川市から西部エリアでは練馬区、東部エリアでは習志野あたりまで…

 

言葉として、葛飾区、足立区、墨田区、江戸川区と謳っておりますが

おおよその目安としては下記の図を参照していただければお伺いできるかどうかの目安になるかと思います。

スクリーンショット 2014-08-17 14.20.14

 

また、多少遠いけどなど気になるようでしたら遠慮なくお問い合わせください。

 

 

筋力の低下

小腸癌を患い体力が低下し歩行困難な患者様。
お腹にガスが溜まってくると背部に強い痛みを訴える。

背部に対して施術を行うとかなり楽になるとのこと。

入院期間も長く廃用もある。

本人の希望は、今出来ることは色々としてみたい。

旅行であったり、人と接したり。

週に何度か訪問マッサージを行い。

疼痛を緩和し、日々のQOLが良好になれば
きっと本人が望む生活に近くなる。

少しでも満足感のある生活を送れるように応援する。

毎日行えば良いものではない。
不必要な日数を行う必要もない。
適切な施術を行う。

外の世界

最近になって、ようやく少し暖かい日が増えた。

基本的に草花が好きな私は季節の変化が目に付く。

あまりカメラは持ち歩かないがスマホで十分なので「パチパチ」撮ることも。

 

足立区の公園にて  

足立区での公園にて。「梅の花」

 

訪問マッサージを受けている方は、高齢だったり脳卒中などの病気で歩行が自由にならない。

そのような外出が難しい方にとっては、今の季節を知るのも小さな楽しみだと思っている。

写真を見せて梅の花が咲き始めた話しであったり、雪が積もって大変な話しなど。

 

私たちにとって、普段あまり気にすることのないどうでもいい話しでも

家にばかりいる方々にとっては楽しい世界。

 

そんな事を考えていたらお城から出たことがないお姫様に似ているなと思った。

お城の中では身の回りの世話や食事などすべてやってくれている。

お姫様は、「お城の世界を見てみたい」と、常々言葉にし思いを張り巡らせていた。

不自由のない生活が悪いとも思わないが、お姫様は「幸せ」が欲しいんじゃないかって。

 

お姫様は、洗濯も食事を作ることも出来ない。

実際にやってみたら嫌かもしれないけど

でも、洗濯や食事を作ってみたいのがお姫様。

 

子供の頃、はじめてお使いをして大人になった気分に似ている。

満面の笑みを浮かべて、出来た事を自慢したいんだ。

 

そう言えば、ディズニー映画の中で、はじめて魔法のじゅうたんに乗ることを

ジャスミン姫が怖がっている時にアラジンが言ってたな。

 

Trust me「僕を信じて」って。

 

おじいちゃん、おばあちゃんの為のアラジン目指しますかね(笑)

非言語と傾聴の比率

足立区にあるグループホームでの訪問マッサージ

ここでは週に一度ではあるが複数名担当しており、もちろん治療内容は様々である。

 

拘縮が強い人、麻痺が強い人、痛みが強い人。

 

訪問マッサージを行うにあたり技術以外に患者様の話しを聞く傾聴以外にも

その会話の内容を受け入れ、共感し支持することも重要だと思う。

 

会話をすることで気持ちが明るくなるご利用者もいれば、

会話などない方がリラックスし、疼痛が軽減する方など様々である。

 

しかし、会話が好きだからといってたくさんお話しをすると多少なりとも刺激が増加する訳なので

ほぼ全員に対して短い時間であっても沈黙な時間も持つようにしている。

 

そうすることで筋肉も深くリラックスし痛みが軽減している時間も長くなっていることも多い。