葛飾区が推奨するスポーツで前回は、ダーツを取り入れました。

今度は、室内では難しいものの方法を変えれば施設内でも十分に行えるレクリエーション

それはバウンドテニス。

テニスと言えば激しいイメージですが

バウンドテニスは、細長いコートやるピンポンのようなもの。

要介護は、難しいかもしれませんが要支援でしたら

楽しみも増えて良いと思います。

 

室内でも、風船を使い、中央に線を引くことでバウンドテニスのように遊べると思います。

ちなみにバウンドテニスのバウンドとは、限られたという意味だそうです。

高齢者のレクリエーション その2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。