足立区にあるグループホームでの訪問マッサージ

ここでは週に一度ではあるが複数名担当しており、もちろん治療内容は様々である。

 

拘縮が強い人、麻痺が強い人、痛みが強い人。

 

訪問マッサージを行うにあたり技術以外に患者様の話しを聞く傾聴以外にも

その会話の内容を受け入れ、共感し支持することも重要だと思う。

 

会話をすることで気持ちが明るくなるご利用者もいれば、

会話などない方がリラックスし、疼痛が軽減する方など様々である。

 

しかし、会話が好きだからといってたくさんお話しをすると多少なりとも刺激が増加する訳なので

ほぼ全員に対して短い時間であっても沈黙な時間も持つようにしている。

 

そうすることで筋肉も深くリラックスし痛みが軽減している時間も長くなっていることも多い。

 

非言語と傾聴の比率

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。