脳卒中(脳梗塞)などでも、よくみられる筋肉の緊張。

 

理解しやすいように3つに簡分類。

① 例えば、着替えを行おうと思ってもご利用者の関節が硬く抵抗感が強い。(関節周囲の受動的抵抗)

② なんか伸びきらない。(関節可動域の範囲縮小)

③ 触った感じからしてカチカチである。(触診による硬さ)  の3つになります。

 

①のパターンが

痙縮、固縮だと思ってください。

 

パッと見た目で、わかるのは①ですが、②、③も加わっていますので、その改善も必要です。

 

それでは②のパターンとは?

もし、前屈して硬いなと思ったらストレッチをしますよね?

これは、硬いと言っても筋肉を伸ばすことにより関節の可動域を広げてあげるもの。

つまり柔軟性です。

 

③のパターンは、

肩こりみたいなものをイメージすれば理解しやすいと思います。

人前に立つなど緊張した時、「肩がすくんだり」関係のないところまで周囲の筋肉を硬くしたりします。

人前からの緊張が解き放たれ自分の肩を「トントン」叩いてみたり。

腰痛や肩こりの悩みが強い人って、どれほど苦痛か知っているはず。

高齢者になると、そのツラさがなくなる訳ではないんです。

 

また、むくんで皮膚がパンパンに張り運動制限が加わったり、

浮腫であれば、確かに筋肉を動かす事によって減少しますが、

お風呂に入ったり、脚をマッサージした方が「効果を実感した」って人も多いかと思います。

 

今度、似たような症状の方とお会いする機会があれば是非観察してみてください。

・ 柔軟性がないのかな?

・ 緊張が高いのかな?

 

きっと、私の事を「理解してくれた。」って喜んでもらえると思います。

軽視されがちな筋肉の緊張

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。