パンフレットの写真の為か私は浮腫改善のリクエストが多い。

浮腫といっても介護などを受けていらっしゃる方の場合には

通常の浮腫とは違い廃用性浮腫やリンパ性浮腫の方もいらっしゃいます。

 

それは、圧痕が残る程度ではなく

もう皮膚が破れるのではと思うくらいパンパンに腫れ上がった状態。

 

そうすれば、足の裏の感覚も通常と異なり安定しない状態となり

転倒しやすくなってしまう。

 

浮腫って、多少あるだけでも結構だるさを感じたりするのに

足の甲までパンパンに膨らんでいると更に自覚症状は強くなっていきます。

 

ケアマネジャさんや家族から稀に

「でも、すぐに戻るんでしょ?」

と、言われる事もありますが

 

浮腫すべてが完全に消える事はなくても

パンパンの状態からかなり改善される方も多々あります。

 

興味のある方はご連絡ください。

転倒予防リスク要因のアセスメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。