介護など認定されていらっしゃるかたは

ADLやQOLなど耳にした方も多いかと思います。

 

介護にマッサージなんて必要?なんて方も多いはず。

介護に認定されるような高齢者から腰が痛む、足が痛くて歩けないので

これさえなんとかなればなんて言われた人もいるでしょう。

 

マッサージって、皆さんはどのような時にかかることが多いでしょうか?

腰痛や肩こりなどの痛みがあるなどではないでしょうか?

 

上記のように痛みを抱えた状態はとてもストレスが強いもの。

 

痛みが身体の動きの妨げとなり、

寝ている時間を助長するなど悪循環を引き起こす事さえあります。

もし、あなたの家族が痛みから解放された表情を思い浮かべてください。

 

きっと、穏やかな表情に変化しているはず。

 

そうすれば、意欲も向上しADLやQOLも向上しやすくなります。

訪問マッサージの役割

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。