痛みを抱える時、自分の身体が思うようにならなくなった時

こころが苛立ちや不安に変わったり、やりきれぬ寂しさに変わったりもする。

こういった精神的苦痛のほかに社会的苦痛といい

お金の心配など経済上の問題、社会復帰出来ないのでは?という不安なども苦痛になる原因となる。

身体の痛みが軽減されることで心にゆとりが出来てくれることも多い。

それは苛立ちなどの軽減にもつながるし、束の間かもしれないが久しぶりに眠れたと喜んで頂けることもある。

 

トータルペインとして考える場合にスピリチュアルペインは伝わりにくい部分ではあるが

それぞれのご利用者様が生きてきた人生において

「私は、なぜこんなに痛み苦しむのか?」

「私は、善い行いが少なかったから早く天に召されるのか?」

「この痛みは、神様も救ってくれない」などがこれにあたる。

 

血液検査などの数値では表し難い、人の手のぬくもりを通じてしか癒せない痛みもあると思う。

 

 

苦痛を理解する(様々な要因)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。