介護の仕事をしている方々にとっては死はなかなか切り離せない部分。

そして、終末期に近づくにつれ痛みを増す方も多い。

訪問マッサージを行うにあたり立てるようにとか、○○出来るようにという依頼も多いが

この痛みを軽減させて欲しいというリクエストも数多くある。

 

では、その痛みとは何なのか?

ターミナル期には、痛みは色々な側面を見せ始める。

大きく分けると

・ 身体的苦痛

・ 精神的苦痛

・ 社会的苦痛

・ スピリチュアルペイン

以上の4つに分類されることが多く、

それらはまとめられてトータルペインとも呼ばれる。

 

身体的苦痛も神経障害性や骨転移の場合、また慢性期へと移行した場合には

オピオイド系が効きにくい事も多いため本人の訴える痛みをどうにか軽減させたいということで

病院と平行し自宅で訪問マッサージを受けられることもある。

 

痛みが軽減し、にこやかに笑ってもらえたとき。

ADLが向上した時以上に、その人が自分らしくいられたのではないかと幸せを感じる。

 

苦痛を理解する。(身体的苦痛)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。