マッサージは、通常行われるリハビリよりは受動的である。

受動的というのは、言葉の通り受身的であるということ。

 

しかし、高齢者によっては歩行が困難で、また歩けたらという気持ちはあるものの意欲的でない場合も多い。

そんな時にこそ、是非取り入れていただきたいのが訪問マッサージだと思う。

身体が軽くなる実感があれば、リハビリなど自ら率先して動こうと思う

リハビリ意欲にもつながることも多い。

 

いかに短期間で最大の効果を得られるかが求められる脳卒中において

慢性期であっても、拘縮など進行しないようにマッサージを通じ

刺激を入れることは筋肉や神経への刺激になる他、廃用による浮腫の軽減など効果は見られる。

 

ご利用者様以外でも、実際にどのようなことを行うのか興味があったり、

体験してみたい方は、ご連絡ください。

 

脳卒中における訪問マッサージの必要性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。