鍼灸の百症赋という書物がある。

ここには、「治療者は、人の命を預かる。」と書いている。

寝たきりなどの方へ訪問マッサージを行なう際には日々肝に銘じて行なっている。

 

また、続いて「病気の原因を突き止め、その後、ツボに刺鍼する。」と続く。

身体の中で何がおこっているのかを考え治療を行なわなければ

中々思うような効果は得られないばかりか、ただ単に癒しで終わってしまう事も多い。

毎回、しっかりと患者様と向き合う。

 

たぶん、皆様に支持されているのは「安い」「保険適応」「地元密着」とかでアピールせず。

苦しんでいる方々に対して、どうやったら喜んでもらえるのか?

日々、勉強し技術研鑽しているからだと思っています。

「本当は、会話が面白いから選んでました。」とか言われたらどうしましょう(苦笑)

 

 

参考:鍼灸医籍選 浅野周訳より抜粋

 

 

百症赋より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。