先日お伺いした勉強会の続編。

 

 

パソコンがWindows98からXP→Vista→7→8へと進化したように

日本のマッサージは変化もせずWindows98のまま。

変化しているのは売り方とかビジネス手法だけかな?

もしくは「自分が考ました!」みたいな医学?での治療法しかない気がする。

でも、本当はマッサージも変化している。

マッサージが変化したというよりも医学の発展に伴い

マッサージのロジックが変化したと言った方が正しい。

 

ただ、変化した最先端のマッサージ法がベストかと言えば必ずしもそうでもない。

 

足し算、引き算を覚えてから掛け算、割り算

そして方程式などへステップアップしていくように

 

最先端の治療法以前の施術法は、

マッサージを進歩させるための土台となる。

この土台がしっかりしていないと結果は不安定になってしまう。

 

例えるなら、子供が親の肩を揉むのと同じでマッサージの模倣である。

そして、その施術は感で行われる。

また、その施術を繰り返すことを経験という。

 

その感と経験だけでは高い確率で効果が出せないから

共通性を見出し医学として発展してきた。

 

その歴史をキッチリ登っていけば景色が変わって見える。

だから、基本をかいつまんで覚えショートカットすることは

わかった気になるだけであって、決して技術は上達しない。

 

 

マッサージの古典は消失し今はなくなって見られませんが

(一部は残っているんですけどね)

清の時代くらいからのものはある。

 

鍼の古典も黄帝内経(霊枢)やら、甲乙経やら鍼灸大成などもある。

そして新しい鍼灸の形としては中国では中西結合医学やら

亡くなった朱漢章やら高維浜などがいる。

 

リハもケンダルやらペリーやらファシリテーションテクニックなどが

進歩を後押ししてくれたように理論をマッサージに置き換えてみたら

普通にマッサージをするのとは明らかに違う結果が出てきた。

 

例えば、葛飾区や足立区を中心とした今行っている患者様で

脳卒中後遺症維持期後の共同運動が制御出来たり

ブルンストロームステージも上昇したりとか。

全てとは言えないけどその効果や症例数は書ききれないくらいなんで省略。

 

自分のレベルを上げる方法はとっても簡単。

だけど、難しい。

 

授業を受けたり、セミナーに出たり受動的態度ではなく

自ら足りない知識を能動的に専門書などで埋めていく。

 

進歩を4月から小休止してみましたが、そろそろアクセルを踏みなおします。

 

JUJUのHOT STUFFの歌詞にあるように

「立ち止まってわかったこと、立ち止まってる暇はない。」

そんな感じですかね。

 

 

 

 

おまけ

リハ素材

温故知新かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。