通常のマッサージとは違い、訪問マッサージは

ケアマネや医師などと一緒に一人の患者を良くしようとチームで行う事も多い。

 

どうしても単独運営を行っていくと視野が小さくなり

ワンマンになりがちだけどチームを通して

より良い生活を患者様が過ごせるかを話すことによって

いろんな視点が発見できる。

 

チームで他人任せになるのではなく、

自分の専門分野はしっかりと責任を持ち相互にフォローしていく。

 

ヘルパーはヘルパーの責務。

 

マッサージ師はマッサージ師の責務

 

 

みんなでみんなで協力して個々の専門分野でバックアップする。

 

 

そうやって患者様の状態が健康に向かっていくと

主観的に満足しマッサージ師一人で喜ぶより

患者様と共に喜べる方が楽しい。

それよりも患者様の家族も共に喜べれば更にうれしい。

チームも一緒に喜べれば最高です。

 

構成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。