脳卒中において、脳卒中ガイドラインにて強く勧められるものの一部として

運動障害のリハ、上肢の強制使用などがある。

また推奨されるものとして維持期リハや経皮的電気刺激などがある。

行わない方が良い、行った方が良いにもマッサージがないのは何故だかわかりませんが…

でも、運動障害がある部分への刺激は必要であり、

使わなくなった上肢も刺激を入れたほうが良いこと。

 

また、維持期であってもリハは、必要であり

電気とはかいてあるものの刺激を加えることも推奨される。

 

こんな事は、患者は知らない。

 

ただ、指示されたからやるのではなく

効果があることが根拠をもとに実証または、推奨されるものを

患者様にお伝えし、共に楽しい日常をつくれたらなと思っています。

 

 

意思することが大切 その2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。