初詣に行くのが夢

おじいちゃんは、そう答えた。

自分の体力が衰え意気消沈して寝てばかりいる。

 

歩行訓練も少し歩くと諦めてしまう。

ある日ふとした会話から初詣に行きたいと。

 

私は、頭の中で計算した。

元旦など混雑していなければ車椅子で行ける。

でも、その為には多少の歩行も出来た方がいい。

だから、目標設定を玄関までにした。

おじいちゃん。

靴を履いて車まで行ければ初詣に行けるよ。

そうしたら、おじいちゃんはニッコリと笑う。

以前は歩行距離が2〜3mだった。

最初はそれを維持した。

ある日、もう少し歩きたいという

奥様も喜んでいる。

 

その日は、一往復追加した。

ヨロヨロしながらも頑張るおじいちゃん。

その後、マッサージを続けながら距離を15mくらいまで伸ばした。

これにお孫さんが感激しなんと今年初詣に行ったと報告がありました。

 

これからも頑張って来年は自分の脚で初詣行こうね。

 

 

廃用性萎縮から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。