追記:大腰筋考察

個人的には、大腰筋鍼灸アプローチで充分かと思っていましたが

一通のメールを頂きました。
内容を簡単にまとめれば、

●大腰筋を触れると書いてあるが、どれが大腰筋なのかわからない。
●いろんなサイトを回ってみましたが、ここのHPが一番詳しそうなので、
マッサージの方法があるならば教えて欲しいとのことでした。

確かに、いろんな書籍に大腰筋の触診法などが書かれてますが、
実際に触るのは困難だと思います。

(触れない訳ではないのですが条件が必要なのです)

それは、何故なのか?

仰向けに寝て、誰かにお腹の辺りをゆっくりと深く押してもらって下さい。
どうなりますか?

きっと痛くてお腹に力が入ってしまうかと思います。

と言うことは腹筋群が緊張しお腹をこれ以上刺激しないようにってサインが出るんですね。
なぜ、そのようになるのかはお腹の中身って腸などの大切な臓器がいっぱい詰まっています。

安易にお腹側から押し、背骨まで到達するようでは、体を守りきれないですよね。
【条件その1】

腹筋が緊張していない状態です。
また付け加えるとするならば腸の中が糞便などでいっぱいですと
ソーセージを潰すような状態になりますから
満腹状態でない方がよいかと思います。

次に、脂肪!
お腹周りって脂肪がつきやすいですよね。
そのメカニズムは、さておき
脂肪はクッションのようなものですから
厚ければ厚いほど触診しようと思っても到達しにくくなります。

しかもクッションを押しつぶしますから、さらに強い圧が必要になりますので
もっと力強い刺激になります。

【条件その2】
脂肪が少ない

で続きますが(まだ、あるのかよ!!)

前回の鍼灸による大腰筋の写真を見ていただければわかりますが
大腰筋そのものは太く、強い筋肉であっても
パソコンで作業をされたり、主婦のように大腰筋をあまり刺激しない作業が多い場合
特に女性などは細いですから収縮を感じるのは難しいかもしれません。

【 条件その3】

筋肉への刺激が少ない職業などの場合、触りにくい場合が多々ある。

がっかりしちゃいました???

でも、諦めるのはまだ早い!!!

ここで終わったら悲しませる為だけの情報になっちゃいます。

その方法はストレッチです!

「あ~~、それも書いてたけど実感できませんでした・・・」

まず最初にうつぶせになります。

で友人に足首をお尻につけるような感じでモモの前を伸ばして見ましょう。

●モモの前を伸ばした時、お尻も浮き上がっていませんか?
●モモの前が凄く痛くありませんか?

モモの前側の筋肉(大腿四頭筋など)は、腸腰筋(大腰筋、腸骨筋)と共に
股関節を腿上げのように曲げる力を持っています。

なので、ココが硬くなった場合
腸腰筋のストレッチ感を感じないことが多いんですね。

だったら、まずモモの前をしっかり柔軟体操し柔らかくしちゃいましょう。

大腰筋刺鍼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。