年を取るとあらゆる機能が低下する中で、

消化器機能そのものは、成人とあまり変わりないものの

高齢になるにつれ胃腸の萎縮などがみられます。

その中で胃酸分泌量の低下は、60歳以上では約70%になります。

また、胃腸の運動も低下し、食べ物が長く停滞し

便秘に悩まされることも多くなってきます。

 

その為に、食べ物に関して、塩分やカロリーだけでなく

吸収機能低下をきたす栄養素があるものは

極力避けることも大切です。

 

では、どのようなものがあるかといえば

特に単糖類(砂糖やケーキのような甘いもの)の摂り過ぎには

注意したほうがいいと思います。

 

 

 

加齢による身体の変化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。