患者様(ご利用者様)が、指示に沿って出来なかったということも

十分に考えられること。

出来ないものに対して「頑張れ」ってエールを送っても難しい。

逆にプレッシャーになってしまう。

 

そんな時には、その指示は一旦中止しましょう。

 

まずは頑張れば出来そうなものを選んでいく。

 

それこそ塗り絵でもOK

まずは、寝ている時間を減らしていく。

 

あとは、寝たままでも足を曲げ伸ばしする。

テレビを見ることで脳に刺激を与えるでも良いと思います。

 

急かし、出来ないと凹んだり、頑固になって体操を拒んだりすることも。

中々難しいことですが、「根気強く焦らない。」

 

しっかり見守って次の一歩を踏み出すお手伝いをする気持ちがベストだと思います。

 

もし出来なかった時にどうするのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。