まず、概念としては

「ひとりの人間が独立して生活するために行う基本的な、しかも各人ともに共通に毎日繰り返される一連の身体動作群」

をいいます。

 

では、具体的にどのようなものがあるかと言えば

「更衣(着替え)、歩行、入浴、食事、トイレなど」

 

どれも必要なことだとわかりますよね?

 

それを低下させないように、医療や介護の現場で対策を行っていきます。

 

手先の能力を衰えさせないために、塗り絵やお絵かき。

歩行の能力を低下させないためにリハビリ体操など。

 

それらの目的は、ADLを向上するためのツールと思っていただければ。

 

 

 

そもそもADLって?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。